知識を身につける

学校

建築を勉強すること

建築は『学問』であり、『技術』という一面も持ちます。大学では、多くは工学部の学科となっていますが、文化的側面も持つため、芸術学校の学科としても取り扱われています。現在、日本で建築を学ぶことのできる環境は、工業高校や高等専門学校、大学、そして専門学校があります。 これらの違いは多くありますが、重要な違いとして、建築士の受験資格が上げられます。建築は、独学で学ぶことも可能ですが、それには、2級建築士の受験資格を獲得するために実務経験が10年以上必要になり、学校に通うことのメリットはここにあります。 大学(4年)と専門学校(2年)のを卒業した場合、2級建築士の受験資格が与えられます。1級建築士は卒業後、2年の実務経験が必要になります。ここに違いはなく、専門学校を出ることのメリットであると考えられます。このような違いは、ただの選択肢であり、学ぶ期間を重要視する人や、環境を重要視する人もいます。なので、自分の将来設計にあった選択をすることが大切であると言えます。

建築の専門学校の今後

建築の専門学校は、建築家になるために多くの人が通っている学校であり、普通の大学に比べると専門的な知識を学ぶ事が出来るために注目されています。 建築の専門学校の今後の予測としては、一級建築士と言う資格取得をより簡単に取得できるような授業態勢を作るといった事が予測されています。従来では、教科書を使用したフォーマルな授業形式が主流でしたが、最近では実習を行ったり実際に一級建築士として働いている人を講師に出向いて講演会などを開く事もあるために、注目されています。 また、他には授業料が安くなると言った事も予測されており、専門学校は二年で卒業するためにその分知識をふんだんに詰め込む事もあり、高く運営していますが建築の専門学校は、機材なども使用しない事が多く安くなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加