これであなたの運命が変わる!良い占いと出会うための基礎知識!

>

占いの種類・命卜相編

命術とは?

まずご紹介するのは「命術」
具体的には
・星占い
・四柱推命
・数秘術
・算命学
・宿曜
・九星気学
・0学
・紫微斗数
などが挙げられます。

「学」や「数」といった漢字が多いことから、アカデミックなイメージを持つ方もいらっしゃると思いますが、それで概ね正解です。
「命術」とは、生まれた時に定められた不定のもの=生年月日や出生時間、出身地などのデータを用いてその人の運命を占うやり方です。
星占いや血液型占い、流行した動物占い等もこれに含まれるので、最も親しみやすく身近な占術と言えるでしょう。

命術の特徴は、その人の個性や才能、性質、思考パターンなどをはっきりさせてくれることにあります。
また、なにか行動を起こすに当たって最適な時期や、誰かとの相性を知りたい時にも有用です。

卜術・相術とは?

二つ目は「卜術」で、「ぼくじゅつ」と読みます。
・タロット
・おみくじ
・ルーン
・易
などがこれに分類されます。

卜術の特徴はなんといっても「偶然性」でしょう。
「万物の事象は必然である」という基本理念のもと、「偶然」に意味を見出し占うやり方です。
生まれ持った宿命や才能など、変化の乏しい内容を占うのにはあまり適していませんが、目まぐるしく移り変わる人の感情や、遠くない未来のことを占う時には真価を発揮します。

三つ目は「相術」
・手相
・顔相
・姓名判断
・風水
など、物の形に現れる事柄から、その人への影響や吉兆を推し量る占いが「相術」です。

「相術」の最大の特徴は、開運と密接につながっていること!
例えば顔相ならばお化粧、風水ならば部屋の模様替えなど、その人自身の努力で運命を変えることができます。
普段の暮らしにも取り入れやすく、前向きな気持ちにもなれそうですね。


この記事をシェアする